デリケートゾーンの黒ずみはなぜできてしまうのか?

デリケートゾーンの黒ずみができる原因は何があるの?

デリケートゾーンの黒ずみは非常に悩ましい問題なのですが、そもそもなぜできてしまうのでしょうか。デリケートゾーンの黒ずみができてしまうのは、刺激や摩擦が関係しています。刺激や摩擦というのは服や下着の擦れ、カミソリでのVIO脱毛、さらに脱毛サロンでのフラッシュ脱毛にて発生します。刺激や摩擦があるとなぜダメなのかといいますと、実は肌というのは刺激に対する防御反応としてメラニン色素を発生するようになるからです。メラニン色素は日焼けしたときなどに発生するのですが、肌を黒くしてしまいます。最近は化学繊維での下着が販売されているのですが、化学繊維でできた下着は着用していると摩擦を生じやすいというデメリットがあります。すると、細胞の代謝が低下してしまい、古い角質が蓄積されてメラニン色素の排出が滞ってしまうようになります。古い角質というのはどんどん堆積してしまうようになるので、新陳代謝が低下すると黒ずみは無くなりにくくなるということです。また、女性であればナプキンやトイレットペーパーによっても刺激を受けるので、実は日常生活で刺激を受ける場面はとてもたくさんあるということです。

デリケートゾーンは黒ずみができやすい部位

デリケートゾーンというのは、皮膚の中でも最も刺激を受けやすい部位だと知っていたでしょうか。皮膚の中ではまぶたが薄いですが、デリケートゾーンはそれ以上に薄いために刺激を凄く受けやすいということです。脇や乳首も同様に刺激を受けやすく、そのために黒ずみが発生しやすいです。また、普段から圧迫されやすい部位なので、角質はどんどん分厚くなっていく一方えです。肌というのは圧迫から守ろうとするために、角質をどんどん厚くする傾向があるので、デリケートゾーンは非常に黒ずみができやすいということです。ジョギングやスポーツなどを行っていたり、性行為をしていたりしても刺激を受けてしまいます。さらに、女性であればホルモンバランスが乱れやすくなりますが、実はホルモンバランスが乱れてしまうことによっても黒ずみができてしまいます。正しくメラニン色素が排出されない限り肌は黒くなったままになるので、まずはメラニン色素の排出を心がけるということが大事なことです。全てはそれが原因になっているので、普段からホルモンバランスが乱れないようにし、早寝早起きの生活を心がけて食生活もきちんと乱れないようにしてください。

デリケートゾーンから黒ずみを無くすためには?

デリケートゾーンの黒ずみは非常に悩ましいものですが、最近では対策もかなり確立されているのでお勧めです。例えば古くなった角質を除去することが第一なので、ピーリングする手法もあります。角質がボロボロ取れるようになったらメラニン色素の排出も捗るようになるので、次第に薄くなるということです。また、通販サイトでは専用のクリームや石鹸もあります。ジャムウ・ハーバルソープやイビサクリームなどがとても有名ですが、デリケートゾーンの黒ずみを無くしつつ保湿や消臭効果まで期待できる代物です。古い角質を除去することも大事なのですが、やはり保湿というのも非常に大事なことです。肌は乾燥するとダメージを受けやすくなり、さらにかゆくもなります。ボリボリかいてしまうとその行為も当然刺激になるので黒ずみの原因にもなります。保湿することで美しいVIOゾーンにもできますので、何よりも保湿を重視するといいでしょう。保湿するためには、水溶性プラセンタやコラーゲンなどの美容成分のある商品を使うことが効果的です。口コミレビューで紹介されている商品を色々調べてみるといいでしょう。